読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんべんだら話

好きなときに、好きなものの話をしてるだけ。

セトウツミ


f:id:urakururi1017:20160805211939j:image

【公式サイト】映画『セトウツミ』7月2日(土)全国ロードショー!

監督・大森立嗣

時間・1時間15分

ジャンル・邦画

 パンフレットは750円。ページ下のこぼれ話など、隅から隅まで丁寧作られてて、特に原作者さんの各話のコメントが良かった。

 一言感想・原作通りのようで、原作とは違うセトウツミ。

 

 


池松壮亮&菅田将暉!映画『セトウツミ』予告編

 

 

 

概要

大阪の男子高校生、瀬戸と内海が殆ど河原でだべってるだけの漫画「セトウツミ」の1、2巻の厳選エピソードを映像化。

 

感想

7月公開の映画を調べてた時に予告と特報3編を見て、あまりの面白さに、これは絶対見に行くぞー。と決めてたものの、中々予定がたたず、我慢出来なくて原作1、2巻を買って先に読んでしまいました。

 

予告見た時に、最初は男子2人でグダグダ喋るだけだけど、中盤あたりで三角関係が始まり、ケンカしたり何だかんだありつつも、俺らはずっと友達な!みたいな感じで終わるを想像してたんですが、そんな事は全く無く、季節は移り変わっても、2人は殆ど河原から動きません。

喋るだけの青春劇が基本ずーっと続きます。

 

なのに、面白くてパワフル。

瀬戸のアホぶりと内海のツッコミが冴えてる。言葉の破壊力と役者さんの名演技と合さって、板尾さんのコメントにもある通り、未来のお笑いコンビ。セトウツミの今を見ているようでした。

ほぼほぼ原作通りでしたが(大きく違うところと言えば、瀬戸のオカンのキャラ設定) 

実写になり、俳優さんの熱のこもったアクションやアドリブが加わって、原作とは少し違う「セトウツミ」の世界観が出来上がっています。

 

映画の2人の方が明るくて、気軽な感じなんですよね。この瀬戸と内海も好きです。特にラストの内海のアドリブは最高でした。

原作に漂う哀愁が少なくなったかわりに、高校生らしいフレッシュさが増しています。

 

厳選されたエピソードは、こんな感じ。

改めて見ると、話が進むごとに加速していく構成になってるなぁという印象です。

 

第1話、瀬戸と内海(原作1巻)

第2話、アメとムチ(原作1巻)

第3話、威嚇と擬態(原作1巻)

第0話、内海想の出会い(原作1巻)

第4話、先祖と子孫(原作1巻 )

第5話、瀬戸小吉の憂鬱(原作2巻)

第6話、出会いと別れ(原作2巻)

エピローグ(原作2巻)

 

見ている最中は、どれが映像化されるのか楽しみながら見てました。 

0話が1番好きです。出会いにして、基本。

内海がアホやと思った瀬戸の放った言葉は、何回読んで見ても笑ってしまいます。

 

映画続編勿論希望ですが、ドラマで毎週癒されたいなぁとも思うこのごろ。

 

因みに撮影期間は秋の日和の一週間ほどだったそうです。

季節の空の様子が自然で、あまり違和感を感じない編集の上手さに感動してました(笑)

 

 


映画『セトウツミ』特報3「スタンディングオベーション」

特報の中ではこれが好きです。スタンディングオベーション!!

 

 

原作。映画よりもシュールでドライです。

6巻探して、さ迷ってます。

 

2016年8月公開映画の話

上旬

 
・ウィー・アー・ザ・ベスト
※カリコレ上映作品
 
・ニュースの真相
 
・フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク
 
・秘密 THE TOP SECRET
 
・ルドルフとイッパイアッテナ
 
・五島のトラさん
 
・太陽のめざめ
 
・ねむれ思い子、空のしとね
 
・ハイ・ライズ
 
・ヴィレッジ・オン・ザ・ヴィレッジ
 
・ポパディー・インク あなたの寄付の不都合な真実
 
・ソング・オブ・ラホール
 
中旬
 
 
 
・ペット
 
・栄光のランナー1936ベルリン
 
・オルディックフォギー 歯車にまどわされて
 
・きみがくれた物語
 
・ストリート・オーケストラ
 
下旬
 
 
・健さん
 
・イレブン・ミニッツ
 
・ソング・オブ・ザ・シー 海のうた
 
・ダーティー・コップ
 
・沈黙の粛清
 
・君の名は
 
・まなざし
 
イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優
 
・神様の思し召し
 
・ミリキタニの記憶(ミリキタニの猫
 
夏だ!!夏休みだ!!ということで、アニメ映画が多い8月。
アニメ好きなのでとても嬉しくなりつつも、現実(財布)を見て悲しくなるということを、繰り返してます。
 
前月と同じく、あまりお金に余裕がないので今月も1本か2本です。
7月下旬公開の「あなた、その川を渡らないで | と、人外×少女の組み合わせが好きなので、『魔法使いの嫁 星待つひと:前篇』を見に行こうと思ってたんですが、調べていくうちにあれもこれも気になったので、これからグダグダ書きつつ、決めれたらいいなぁ。
 
上旬で特に気になったのは、『ハイ・ライズ』
高級タワーマンションの住民達の権力闘争と崩壊を描いた本作。
あらすじ見た時は気になる~くらいだったんですが、途中からあきらか血生臭く歪んでいく予告編に、凄く興味が惹きつけられました。
しかし、R15+という現実。。
げ、原作もあるので、原作よ、読んでから精神的に見れそうなら見ようかなぁ。
 
 
 


映画『ハイ・ライズ』日本版オリジナル予告編

しかし、この予告編はとても良い。

 

原作です。1970年代の頃の未来を思い描いてたとか。

 

中旬は、やっぱり「魔法使いの嫁」が気になるところ。上でも言ったように、人外×少女という組み合わせがとても好きなので、劇場でにやにやしたいなぁと。

 

予告見て気になったのは、『オールディックフォギー / 歯車にまどわされて』

オールディックフォギイというラスティック・ストンプバンドの日々を記録した未完のドキュメンタリー。

 


「オールディックフォギー / 歯車にまどわされて」予告篇

 

バンドのことも知らず、どういう言葉なんだろうと思って見たら、思いのほかちゃらんぽらんでしたが、凄く元気が出ました。

後、最近気になってるベット・インの中尊寺まいさんも出てるのが、より興味を引きます。

 

下旬が1番気になる作品が多い。

新海誠最新作「君の名は」と高倉健さんのドキュメンタリー「健さん」も見たいけど、予告で興味を惹かれたのは「青空エール」でした。

 


「青空エール」予告

 

少女漫画大好きなんですが、映像化されると恥ずかしくて見れないことが多くて(笑)

今回もそうなるだろうなぁと思ってスルーしてたんですが、ヒーローとヒロインの純朴さと部活動にかける思いなど物語の流れと登場人物の魅力が丁寧に描かれていて、気づけば凄く感情移入してしまってました。

 

 

日々のあれこれ2

同人版、読めます!

 

www.pixiv.net


 
以前紹介した「となりのバカと続く嘘」の同人版がなんと!pixivで読めまーす∩(´∀`∩) ワッショーイ ワッシ ∩( ´∀` )∩ ョーイ ワッショーイ (∩´∀`)∩
 
私的に今年一番の激萌え作品なので、女子高生幼なじみ無自覚なイチャイチャにピンときた方はぜひ読んで下さると嬉しいです!
 
 
夜舞サヲリを推してます。
 
少し前から、Tokyo 7th シスターズというスマホゲーに登場する夜舞サヲリちゃんが大好きです。
いつでも笑顔と元気と包帯がいっぱいの女の子。あまりにも不運な事故が多いが、包帯を外すと大したケガに見えないのは彼女の極端に治りが早い特異体質のおかげ。どんなケガをしていても、ステージ中の笑顔は絶やさない。
 

 


これが、彼女のプロフィール。
 
このゲームをやり出した時、押しキャラのカードが1枚貰えるんですが、やり始めた頃、ちょうど病気にかかってて(´・ω・`)
 
不幸体質で怪我ばかりしてるってところにシンパシーを感じて選んだんですが、この子が……めっっっちゃくちゃいい子でして!!
 
明るく元気なだけでも好印象なのに、「支配人の不幸は私が全部引き受けますからね(笑顔)」とか言っちゃうんですよ。
 
いくら治癒体質で怪我が早く治るといっても、痛い思いをしない訳はないじゃないですか。
痛がったり泣いたりしたら、周りが心配するから明るく振る舞ってるのかなとか、だとしたらめいいっぱい支配人に甘えた所が見たいなぁとかそれにしても、笑顔最高に可愛いなぁとか……シナリオの登場も少なく、担当曲もないので、妄想しか出来ないんですが……ホント、幸せになって欲しい!!もっと、出てきて欲しい!
 
と、公式さんにオーラをおくりながら、ゲームをプレイしております(笑)
ガンバレ!ナナシス!!サヲリちゃんをもっと!出して!!
 

魔女のスープ

 

ジャンル:エッセイ

作者:阿川佐和子

出版・サイズ:新潮社・文庫

あらすじ(本編引用)

ある晩閃いた。スープでも、作ろう。

あらゆる残り物を鍋に投入し、出来上がったのは赤茶色の怪しい液体。

映画「バベットの晩餐会」に出てくる魔女のスープのよう。恐る恐る食してみれば、うん、おいしい。

一緒に食べてくれる人がいれば愛が芽生えるのではないかしら?

楽屋にあった鮭弁当、干涸らびた納豆、新鮮なお刺身ー愛はさておき、食べ過ぎた。

今日も幸せ、極上の食エッセイ。

 

 

一言感想

2巻も変わらず、素朴なものも豪華なものも、愛情たっぷり。茶目っ気たっぷり。



阿川さんの食べものエッセイ2作目。

 続きが出てるとは知らなくて、見つけた時は本屋でひったくるようにとりました(笑)

阿川さん大好きです!!

どこが1番好きかって、上品かつ気品溢れる文章のそこかしらに食い意地の強さを感じるところ。

馴染みのある物もない物も、美味しい物でも美味しくない物でも、愛情たっぷりに、でもどんな残り物や貰い物も「美味しく食べてやるぞー!」という気概を感じるところが大好きです!

 どの話も面白いうえに美味しそうなものばかり出てくるので、上げると切りないんですが、。

中でも、「質量不変の法則」という話が1番意地を感じたかなぁ。

あれこれ工夫して、美味しく食べようとするエピソードは結構あるんですが、熟れすぎた果物をなんとかして……っていうのは、料理も含めて食べることが大好きなんだなぁと思いました。

食材見て色々アイデアが出てきて、やってみようとするところは素直に尊敬します。

パラパラ見返しながら、1番何が食べたいかなぁって考えてんたんですが……鮭弁当と、かつぶし弁当と牡蠣がぐるぐるまわってます。あぁ、ホットドックも捨て難い。。

 

こちらが、第1作目の「残るは食欲」

表紙に一目惚れして買いました。

固いプリンって、なくなったよねぇっていう話を読んでから、プリン食べる度にこれは、どうかなと期待してしまいますが……まだ出会えてないですね。

いいプリンがあったら、教えてください(><)


FAKE


f:id:urakururi1017:20160705233831j:image

 
 
監督・森達也
時間・1時間48分
ジャンル・ドキュメンタリー
パンフレットは600円で、 コラムがたくさん読めました。

一言感想・私達は何を知れて、何を見れているのか。

 


映画『FAKE』予告編

 

あらすじ

騒動後の佐村河内氏の自宅を森達也が尋ね、佐村河内氏と妻の薫さんを交えた三人のやり取りから始まる。

2人と猫が住む静かで薄暗い空間には、やがて仕事の依頼に来たメディア関係者と真相を知りにきた海外の記者が現れ……。

 

私が森達也さんの事を知ったのは、「ドキュメンタリーは嘘をつく」という番組を授業で見せてもらったからなんですが、視聴者をあっかんべーして突き放すラストに、「この人はとんでもない人だ。。」と思いましたね。

 そんなとんでもない、森さんが佐村河内氏の密着ドキュメンタリーを撮ったらどうなるのか……。

五里霧中とは、このことを指すのでしょう。

大概映画を見る時って、どこかで時間を気にしてて、この展開だったら、そろそろ終わるなとか、クライマックスだなとか、頭の隅で考えてる自分がいるんですが、この映画に際しては、見れば見るほど、自分は何を見ているのか。何を信じればいいのか分からなくなってくる。

 

※この先、予告に含まれてない本編の内容(ラストのことではない)と、この先も個人の役に立たない感想が含まれます。それでもいいよーって方だけ見てください。

 

続きを読む

日々のあれこれ1

世はWebコミ戦乱時代か。
 

この間、「木根さんの1人でキネマ」っていう前から気になってた漫画を買いました。

木根さんの映画愛と仄かな百合要素に、うぉぉぉ!!∩(´∀`∩) ワッショーイ ワッシ ∩( ´∀` )∩ ョーイ ワッショーイ (∩´∀`)∩っとなってしまって、すべて読めてないんですが、作者さんのTwitterとかないか何気なく調べたんですよね。 
 
そしたら、これがWebコミックでやってるものだと言う事を知り、タイトルの言葉を思い浮かべました。
 
何時からこんなに増えたんだ……。数年前までは一迅社スクエニくらいしか無かったじゃないか(他にもあったなら、ごめん
 
そんなWebコミ戦乱時代。
働いてるお店でも、一人の社員さんが乱立するWebコミサイトと戦うべく、タブレットと感想ノートを置いて、情報交換しましょ!っていうのをやってます。 
 
これを見て私、幾つかあるオススメ作品の中でも……。
 
(`・∀・´){ これめっちゃ面白い!好き!書籍化したし、これは売れてきてるぞー。SMの波きちゃうかー。ノートに書いちゃうか)
なんて思ってたマンガが最終回を迎えたショックでまだノートに書けてません。
書籍化=人気があるわけじゃないんだね。。
 
世はコミックエッセイ時代(希望)
 
私はコミックエッセイが大好きです。
きっかけは、高校時代の図書室に沢山エッセイマンガが置いてあって、よく読んでたからなんですが……。
 

www.comic-essay.com

を見つけた時は、本当にテンションが上がりました!!
 
コミックエッセイって、恋愛、仕事、暮らしジャンルのものが多くて、人の興味を引きつけるテーマを重視した本が多いと思うんですが……しかし。
 
どれだけ興味をそそられるものでも、高いものが多い!!
ハードカバーかA5サイズで出版されることが多いので、びんぼうにんには手を出しにくい。
 
そんな中、コミ劇さんは既に出版されてるものの試し読みも出来るし、ジャンル分けもされてて、読みたいテーマのマンガが探しやすくなってます。有難い。(つω`*)
 
これからも、発展して欲しいと思いつつ、出来たら更新日(毎週更新なのか隔週更新なのか)と全何話なのかと、お気に入り作品のブクマ機能がついて欲しいというのは、ワガママですか?|ω・)ジー
 
 
ブログはじめました。
 
今更ですが……はじめまして、うらりと言います。本屋過疎地に住む本好きで、最近は映画にハマってる。ゆるーいオタクです。
 
ブログを始めるのは3回目です。
1度目は中学生〜高校初めくらい、読書系の感想ブログを今は無き某サイトで、やってたんですが、そのサイトのリニューアルがあった時に、ふわっとやめました。
 
2回目は、高校時代に高校卒業したらバリバリ書くんだ!という意思を持って、忍者さんの方で、未公開で何個か記事を書いてたんですが、高校卒業して専門学校に入学した途端、課題ずくめの毎日で忘れてしまい、そのまま放置。
 
最近そういえば……と思い出し、見てみたら、過去の自分が恥ずかしすぎて勢いで退会。
 
心機一転、はてなさんで初めた今に至ります。
 
私がよく書いてたのが、1度目のブログなんですが、そのブログがガラケーでやる事に重きを置いてたのもあり、シンプルな事しかできなかったので、色々出来る事に凄い!凄い!と、テンション上がってます。
 
それらの機能が使いこなせるかはさておき。
アクセスがある度に、なんでうちのブログに……と思ってしまいますが、これもなにかの縁。
 
少しでも見ていただいた方の何かしらの役に立ったら、幸いですが、あまり人の事は考えず、のんべんだらりと続けていきますので、宜しくお願いします。
 
何かありましたらお気軽にコメントどうぞ!
 

2016年春アニメ、ざっと振り返り

※2016年春アニメの個人的な振り返りメモです。ネタバレも含みます。

☆は、ほぼ毎週必ず見てたもの。
◎は、途中溜めちゃったけど楽しんで見てたもの。
〇は、撮り溜めてるけど好きだよ。
って、感じです!


今回最終的に視聴してたのは、これだけでした。


毎シーズン紹介動画をチェックして調べ、10本以上録画しますが……録画失敗やHDDの関係で見るのを諦め、月3本見てたらいいほうなんですが、今期は!なんと!4本も継続して見てました!

始まる前からPVを何度も見て、エンディングをを聞きまくってた。

マニアックですが、まちと響がしまむらバイクを乗り付ける所の作画が凄い。
後、くまで村の民謡が、エンディングと同じくらい気に入ってます。

アニメオリジナルの展開は、いい所も悪い所もあったかなぁっていう印象です(´・ω・`)

エミリアたんとの出会い編が終わった時に、落着してしまって溜めてしまいましたが、今期1番面白くて、どうなるか読めない展開にハラハラしながら見てました。

中の人も1度死んでるんじゃないかと思うくらい、断末魔が苦しそうで……声優さん自身が昴に真剣に向き合って演じていらっしゃるんだなぁというのが、ビリビリ伝わってきました。
声優さんって凄いなぁと思ったのも、リゼロが1番多かった。

それから、萌え!!
エミリアたん、ラムとレムも可愛いけど、一押しはベティ。
なんだかんだでお人好しなツンデレで、独特の口調に、デコ出し!!が最高に萌え!!
 
1期で終了すると思っていたので、6月中に終われんの!?なんて、心配してましたが、秋まで見られると知り、狂喜乱舞ヽ(*´∀`)ノ

夏からも楽しみにしてます!!


何回「ちーちゃん、可愛い!!」と叫んだことか!!
今期1番の癒し枠だったので、勿体なくてゆっくり見てました。

もー!ちーちゃん、可愛い!!に尽きる。

ちーちゃん出生の秘密、おばあ様との関係性、有頂天BOYSとかちーちゃんのクラスメイトのこととか、日常の部分もシリアスな部分も、まだまだまだ!!見たい話は沢山あるので!
2期も期待しつつ、まずは原作買わなければ……。

作画の良さ、ノイタミナ枠、キャラクターデザイン、内気そうな主人公(初めはそう思ってた)、ストーリー等々ツボをつく要素が沢山あったので、楽しみにはしてたんですが……エグイ描写に視聴を止めるんじゃないかとも思ってました(笑)

救われない展開で子供でも容赦なく死んでいきますが、面白いです

逞生が死が受け止められなくて止めてしまってますが……

覚悟ができたら……できたら……みるよ……。

これは、声優さんが私得すぎて溜めてしまってます(笑)

原作も読んでるんですが、久保田くんのお母さんがちょっと苦手で、足踏みしてしまって、まだ2話しか見れてないです。。

余談ですが、ハルタのCMが流れるのに何時も感動してしまいます(つω`*)
大きくなったねぇ。